Skip to content

浅草仲見世通りのきびだんご

浅草は古くからよく知られている東京の観光スポットです。

今では海外からの観光客もたくさん訪れ日本を代表する観光スポットの一つになっています。一番近代化が進んでいる日本の中心地にありながら、古きよき江戸時代の雰囲気も感じられるスポットです。この浅草には魅力的な場所がたくさんありますが、代表的なのは大きな赤い提灯をぶら下げている雷門です。都会の風景の中に古風で立派な朱塗りの門がたたずんでいます。多くの観光客がこの風景を目当てに訪れます。

記念撮影のスポットにもなっています。この門はその奥にある浅草寺の山門で、門をくぐるとまっすぐにお寺の参道が続きます。参道は長く、その両側には江戸の風情を醸し出しているお店がたくさん並んでいます。多くは観光客向けのお土産物を扱った店になっており、和風の物を多く販売しています。この参道は仲見世通りと呼ばれており、江戸時代からある日本最古の商店街の一つです。

連日お土産を求める多くの観光客で賑わう場所です。ところで仲見世通りには食べ物を提供しているお店もあります。店頭で購入し食べ歩きすることも出来ます。そういった中にきびだんごを販売しているお店があります。とても人気があり店の前から長い行列が出来ることもあります。店内で作っており出来立てのきびだんごを食べられます。このきびだんごは昔の仲見世通りと関係していて、江戸時代にこの通りで販売されていたものを再現しています。ですのでこの浅草の仲見世通りでは、お店の雰囲気と共に食べ物でも江戸の雰囲気を感じることが出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *