Skip to content

浅草のきびだんごについて

歴史もあり伝統も感じられる観光地として人気の、浅草はきびだんごが有名でありグルメの街の一つでもあります。

浅草ではきびだんごにも歴史があり、あらゆるグルメが楽しめる浅草でもきびだんごは必ず食べておくべきです。寺から仲見世通りに入ってすぐのお店では、江戸時代に門前にあった味を再現しているのが特徴的な人気店であり、下町娘の衣装を着たスタッフが実演で販売していて、出来立てを購入できるようになっています。

茹でたてでもっちりとした食感が特徴の団子は、甘さが控えめできな粉の上品な味わいとなっているので、老若男女を問わず人気でグルメにはぴったりの商品の一つです。浅草のきびだんごの原料は、もち米と水あめ、砂糖ときび粉、そしてきな粉とシンプルであり、江戸時代の当時のままの作り方と味が守られていて、昔の人の気持ちを体験できるのではないでしょうか。できたてをすぐに口にしたいのは当然のことであり、飲食スペースを利用して食べるようにしましょう。

浅草ではきびだんごも食べ歩きはしてはならないのがマナーとなっているので、飲食スペースで食べない場合には持ち帰るのがマナーです。マナーを守ることで、足を運んでいる人がみんな気持ちよく観光を楽しめるようになるので、守ることは必須です。持ち帰った際には、串から外し軽く煮てから食べると、出来立てほどではありませんがある程度出来立てに近い、美味しいお餅の食感を復活させることが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *