Skip to content

浅草ではきびだんごの実演販売が食べられる

きびだんごは、きびの粉でつくった団子のことで昔話にも出てくるほど古来から日本で親しまれている食べ物です。

「桃太郎」が鬼退治に行く際に、お供にする仲間を取り入れるためにあげたこことでも有名で、この話を知る人の中には「きびだんご=桃太郎」に結びつける人もいるかもしれません。「きび」にはカルシウムや食物繊維、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどたくさんの栄養素が含まれているので、昔は精が作食べ物としても有名でした。女性にうれしい成分を豊富に含んでいます。

下町風情溢れる浅草では、このきび団子を食すことができるお店があります。仲見世には、江戸時代に実際に実在したお店で実演販売も行っています。出来立てのきびだんごを食べられることができるのが魅力です。お店を切り盛りするスタッフも昔をほうふつさせるような作務衣や着物姿で対応してくれますので、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にもなれるでしょう。

浅草には、歴史的な神社仏閣などがたくさんあります。有名な観光スポットを散策して歩き疲れたら、浅草のきびだんご屋さんに足を運び、甘いものを食べて気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょう。糖分が脳内を活性化させて、再び、観光する力を与えてくれます。今まで、きびだんごを食したことがない人は浅草を訪れた際に是非一度、召し上がってみてはいかがでしょう。ほのかな甘みにモチモチとした食感がクセになることは間違いありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *